HOME > 散骨の話題 > 安岡力也 ハワイで散骨

安岡力也 ハワイで散骨

「テレビ朝日|テレ朝news 」 
《ハワイ特報》力也さん長男が散骨へ(01/04 14:21) より
  http://news.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20130104_080.html(リンク切れ※)
以下引用

昨年4月に亡くなった俳優の安岡力也さんの長男・力斗さんが3日、父親の散骨のためにハワイ入りした。
ハワイには力也さんの長女も住んでおり、力也さんは生前、よくハワイに来ていたという。

「父は闘病中にもハワイに行きたいと言っていたのですが、やっと来られました」と感慨深げ。
力也さんは2005年に肝臓病で入院し、翌年にはギラン・バレー症候群を発症していることが判明。
一時は仕事復帰したが、10年には肝細胞がんとC型肝硬変のため入院。
力斗さんから生体肝移植を受けたが、昨年4月に心不全のため64歳で亡くなった。

過酷な闘病と長期にわたる入退院生活を支えた力斗さんは「父はハワイに帰りたいと話していたので、海に散骨します」 と最愛の父の思いを実現させる。
父のいない初めての正月になったが、「父は僕や姉の中でしっかり生きています」と力強く語っていた。

まとめ

このような芸能人や有名人の事例は、一般の方の参考になりますね。

まず、散骨自体、それほど珍しくなくなったので、それほどのおおごとになっていません。
※ニュースになっているので、まだ、珍しくなくはないといったところでしょうか。

遺骨を国外に持ち出すのも、それほど面倒なことはなさそうです。
また、ハワイでの散骨も、現地ではおおよそ受け入れられているのがうかがいしれます。

HOME > 散骨の話題 > 安岡力也 ハワイで散骨