HOME > 散骨の話題 > 散骨は違法ではないが

散骨は違法ではないが

ユーチューブに空中散骨の動画がアップされていました。




散骨は違法でないとされているのは確かです。
しかし、だからと言って、散骨が合法であると言っているわけではありません。
つまり、散骨は違法とも合法ともいえない「グレー」な状態なのです。

こちらの動画を見ると、つくづく散骨がグレーということがわかります。

「社会的習俗として宗教的感情などを保護する目的だから、葬送のための祭祀で、 節度をもって行われる限り問題はない」

というのが、一応の公式見解です。

こちらのパラグライダーを使った散骨を上の定義にあてはめることができるか?

まず、業者の行う散骨は、今はほとんど海洋で行われています。
陸地での散骨はほとんど不可能で、陸地での散骨を希望の場合は、たいてい墓所での散骨になります。
それは業者が行う散骨は「節度をもって行われる」ものなのか?という点があるからです。

業者の場合は、営利事業ですので、そこに金銭の授受が発生します。
そのような散骨が、上の定義に当てはまるかと言えば、難しいでしょうね。

しかし、こちらのパラグライダーでの散骨は、パラグライダー仲間の方の遺骨を散骨しているようなので、 無償で行っていると考えられます。
ということは、業者とは一線を画しているので、これはセーフと言えそうです。

ただ、陸地での散骨が認められないのは、水資源や農作物、河川への影響などの被害(※ほとんどは風評被害) を懸念しているためです。
そうなると、こちらの空中散骨を見た人に、「ここで作った農作物を食べたくない」という心象被害を与えると、 これは少し問題になります。
もしかしたら、こちらの自治体で「散骨禁止」の条例ができるかもしれません。

散骨は今や、違法ではないとされている行為です。
しかしながら、自治体によっては禁止しているところもあるので、少しやり方を外してしまうと、 たちまち違法行為になってしまう「グレー」な行為とも言えます。


HOME > 散骨の話題 > 散骨は違法ではないが