HOME > 散骨の話題 > “安らぎの散骨”東京新聞

“安らぎの散骨”東京新聞

※以下、東京新聞(2012.10.20)参照 
※※太字引用

散骨が世間に認知され、実際に行われるようになっている要因は、少子高齢化の原因も大きいようです。

散骨に関心がある人の増えた背景

・自然に返るという死生観
・少子高齢化に伴う墓の管理、継承の問題
・先祖代々の墓の管理問題

また、ただいま公開中の高倉健さん主演の映画『あなたへ』の影響も少なからずあるようですね。

映画『あなたへ』のあらすじ
「亡くなった妻から届いた絵手紙。そこには今まで知らされることのなかった、 "故郷の海へ散骨して欲しい"という妻の想いが記されていました。 妻の真意を知るために旅を始める主人公。一期一会1200キロの旅の中に、 夫婦の愛と様々な人々の人生を丁寧に綴った感動の物語。」
YAHOO!映画 あなたへ 特集より



墓を閉じる

散骨とは、海や山へ細かく砕いた遺骨をまくことです。
※遺骨をそのまま山や海に捨てるのではありません。
散骨は違法では?

海での散骨の場合は、粉末状にした遺骨を、水溶性の紙で包み、それを海に投げ入れることが多いです。
水溶性のため、海面にふれると紙が溶け、粉状の遺骨が青い海にパッと純白に広がるそうです。

山での場合は、少し土を掘り、撒くというよりも埋める感じが多いようです。
※墓所での散骨がほとんどのため。

記事の中で目を引いたのは、「墓を閉じる」という言葉です。
自分の代で、家が途絶えるということは、今や珍しくないことでしょう。
自分を最後に家が途絶えるということは、精神的にもショックでしょうが、自分がいなくなったら 先祖代々のお墓はどうなるのか?という現実的な問題もあります。

そこで、自分が元気なうちに先祖の「お墓を閉じる」という選択肢が、散骨によって可能になるというわけです。
つまり、先祖代々のお墓から、(※先祖のお墓といっても、墓石のお墓文化は、せいぜい明治が始まりです)遺骨を取りだし、 遺骨を粉状にし、海や山へ散骨し、先祖を自然に還えすということです。
これで、お墓の問題に悩まされることなく、また、先祖も地球の一部となり、向後の憂いはなくなります。

参照資料 第一生命経済研究所 散骨が新しい葬法として定着なるか

HOME > 散骨の話題 > “安らぎの散骨”東京新聞