散骨 問題

散骨って違法なのでは?

まず初めに、少し言葉の整理をしておかなければなりません。
火葬場でご遺体を焼き、後に残った骨を、遺骨と言います。
この時の「遺骨」と、散骨においての「遺骨」は少し形状が違います。

散骨をするためには、遺骨を粉状(直径2〜3mm程度)にする必要があります。
散骨といえども、遺骨をそのまま撒くのは、「遺骨遺棄罪」という罪に問われてしまうからです。

そこで、骨のままではなく、遺骨を灰の(ような)状態にしてから散骨することになります。
多くの方が散骨に対して、不信感を抱かれているのは、遺骨をそのまま海や山に撒く(捨てる)と思い込んでいるためです。
本来ならば、散骨は、散“骨”ではなく散“灰”に近いものなのです。

「遺骨はダメ。だけど遺灰ならば、いちおう可」
というのが、今のところの公式見解です。

遺骨をそのままの形で廃棄した者は、刑法第190条の遺骨遺棄罪になります。
※刑法190条「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。」

さらに、墓地埋葬法にも違反します。
※「墓地、埋葬等に関する法律」(昭和23年制定)第4条「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。」

というわけで、散骨業者は「遺骨はダメなので、遺灰にして散骨する」という方法をとっております。

「遺骨」は法的にダメなので、「遺灰」の かたちにして「散骨」しているわけです。

かつては、刑法190条の遺骨遺棄罪にあたるとして「散骨は犯罪である」という解釈でした。
それが、1991年に法務省が、「社会的習俗として宗教的感情などを保護する目的だから、葬送のための祭祀で、 節度をもって行われる限り問題はない」 という見解をあらわしました。

しかし、だからといって、どこに散骨してもいい、というわけではありません。
散骨のできる場所・できない場所


ホームへ戻る